【家出人調査の方法・費用・おすすめ探偵事務所】

このサイトについて

家出人探しにイチオシの探偵社はコチラ

 

家族の家出・失踪で困っている人のために、捜索方法をまとめたサイトです。

 

大手探偵社への訪問取材をメインの情報源にまとめています。

 

机上の理論ではなく、日々家出人捜索に取り組んでいるプロ探偵の情報を無料公開しているということです。

 

途方に暮れているご家族に、捜索行動の手がかりを見つけてもらえたら幸いです。

 

収録項目

性別・年齢別の重要な傾向

家出人探しにイチオシの探偵社はコチラ

 

家出したご家族は、男性?女性?

 

年齢は、未成年、成人、老人?

 

家出人には、年齢別・性別の行動傾向というものがあります。

 

その中で特に危険度の高い事柄だけを先に説明するので、該当するか確認してください。

 

自殺率が高い成人男性

警察への捜索願い届出が一番多いのはやはり10代ですが、探偵に依頼するほどの重大事案になるのは成人が中心です。

 

業界大手の原一探偵事務所の話では、持ち込まれる家出人探しの7〜8割が成人男性だそうです。

 

一番多いのは、20代後半で仕事に行き詰まり失踪したのを親が依頼してくるケース。

 

その次がリストラなどに遭ったお父さん世代の失踪を、妻や娘が依頼してくるケースです。

 

家族に何の兆候も見せずに突然家出することも。

 

「男は弱音を吐けない」との思いでギリギリまで元気を装い、ある日限界が来て家出するからです。

 

女性の家出の場合は友人・知人宅に身を寄せることが多いのですが、男性は違います。

 

思い出の場所などを中心に広い範囲を単独で動き回った後、死を選ぶことが多いのです。

 

「男だから大丈夫だろう」というのは逆で、男性の場合こそ早めの捜索が必要なのです。

 

家出人探しにイチオシの探偵社はコチラ

 

未成年女子は「神待ち」に注意

神待ちというのは、性交渉と交換で宿と食事を提供してくれる男性(神)を探す行為です。

 

ネットでこうした相手を探せるようになってから、少女の家出は簡単になりました。

 

また、変質者の性嗜好の対象は男子の場合もあり、寝屋川市・深夜徘徊少年少女惨殺事件では、男性犯人の目的は男の子の方でした。

 

家出は思春期の通過儀礼と思われがちですが、今は犯罪への巻き込まれやすさが昔と全然違うことを心に留めてください。

 

徘徊老人は当人の命と家族の訴訟リスク

もう一つ多いのが認知症の老人の家出です。

 

考えて隠れるわけではないので、すぐ見つかりそうなものですが、長期の行方不明や事故・病気・自殺などのケースもかなり起きています。

 

特に世間に衝撃を与えたのが、名古屋高裁の鉄道事故賠償命令でした。

 

この事件では、認知症の男性が鉄道事故を起こし、当人は死亡し、妻が鉄道会社に訴えられました。

 

驚いたことに、裁判所は91歳の老妻に監督責任を認め、賠償を命じたのです。

 

とにかく、家族の家出を甘く見るのはよくない。

 

大変なことになる場合があり、その時には「冷たい家族」として世間から非難される可能性も大きいということです。

 

家出人探しにイチオシの探偵社はコチラ

警察への捜索願いは?

行方不明者の2分類

あなたの大切な人が家出をしてしまった場合、まず警察への「捜索願い」は出してください。

 

しかし、真剣に探してくれるのは事件性のある「特異行方不明者」だけです。

 

「捜索願い」は現在では「行方不明者届」という名称になっていて、2種類に分類されます。

 

特異行方不明者
  • 殺人や誘拐などの犯罪事件に巻き込まれた可能性がある人
  • 性犯罪等に逢っている可能性のある未成年
  • 遺書や普段の言動から自殺の危険があると判断される人
  • 行方不明になる前の言動から水難他の事故・災害に逢っている可能性がある人
  • 病人、高齢者、幼児など自救能力がない人
一般行方不明者 上記以外の普通の家出人

 

「一般行方不明者」の扱いだと、ポスターを張り出したり、地域の警察官に情報を周知してくれる程度しかしてくれません。

 

家出人探しにイチオシの探偵社はコチラ

 

捜索願いが出せるのは家族だけ

警察へに「行方不明者届」を出して受理されるのは、家族だけです。

 

家族以外でも出せるようにすると、ストーカーや借金取りの人探しに警察が協力してしまう事態も発生するからです。

 

大人の家出人は、警察は探してくれない

成人には人に告げずに自分の好きなところへ行く「権利」があります。

 

だから、成人の家出は危険や事件性が明確でない限り、警察は事実上探してくれないのです

 

家出人探しにイチオシの探偵社はコチラ

現場探偵に聞く「家出人の行き先」

家出人は今どこにいるのだろう?

 

家族にとって、それは胸をかきむしられるように激しく知りたいことだと思います。

 

家出人がよく見つかる場所というものがあります。

 

そういうものを知らないと効率よく捜索範囲を絞り込めません。

 

地域別の典型的な行先(関東の例)

  • 埼玉や群馬の人は県内にとどまらず、必ず東京に出る。
  • 池袋・新宿と上野・秋葉原が最も濃厚。
  • しかし、神奈川県民なら、都内へも至近距離なのに、横浜駅周辺の方が多い。

この種の経験則が全国各地でそれぞれにあります。

 

(原一探偵事務所への取材より)→もっと詳しく

 

家出人がよく見つかる施設

  • 都会だとネットカフェ、漫画喫茶
  • 田舎だとパチンコ屋、道の駅

 

ただし、この程度の事わかっても自分で探すのは容易ではありません。

 

例えば、ネットカフェひとつ取っても大都市には大変な数があり、その中にも家出人がよく見つかる場所とそうでない場所があります。

 

また、店は客のプライバシーは教えないので、聞き込みにもテクニックが必要です。

 

自殺願望がある人の行き先

  • 生まれ育った町
  • 大学生活を過ごした街
  • 思い出深い旅行先

 

家出人がいろいろな場所で生きてきた人の場合、うまく絞り込まないと日本中を捜索することになってしまいます。

 

家出人探しにイチオシの探偵社はコチラ

家出人捜索の手順

では、実際に家出人を探す手順やよくぶつかる問題について説明しましょう。

 

家出問題解決のプロセス

STEP 1 家出の状況整理

家出した時の状況、部屋に残された物などは行先の手がかりになる。
年齢や外見の特徴、服装、持ち物などは実際の捜索時に重要な情報。

STEP2 行先の推定 考えられる行先をリストアップし、捜索の優先順位をつける。
STEP3 ローラー調査 優先順位の高い捜索先から順に、できるだけ大人数でしらみつぶしに探す。
STEP 4 接触・説得

家出人が見つかったら、接触して帰宅を説得する。
家出人が見つけてくれることを望んでいる場合は簡単だが、そうでない場合は逃げられる可能性があり、接触の演出や説得の方法も熟考して臨む必要がある。

STEP5 家出原因の根本解消 家出人を連れ帰った後、よく話し合って家出した根本的な原因を解消しないと、また家出することになる。

 

家出人探しにイチオシの探偵社はコチラ

 

興信所に捜索を依頼する時の注意

STEP1が迅速に済むように情報提供することです。

 

  • 年齢・特徴、家出の状況・服装・持ち物などをわかる範囲で整理しておく。
  • 家出人の部屋・パソコンなどは、探偵に全部見せる
  • 家出人の写真を用意する。

 

部屋の調査では引き出しやごみ箱の中身まで見るかもしれませんが、手がかりを得るためなので全部任せてください。

 

写真はなるべく最近のもので、顔が大きく写っており、あまり笑顔でない写真複数枚用意できれば理想です。

 

しかし、そういう写真がない場合も何とか探してくれるので、最低1枚は用意してください。

 

家出人探しにイチオシの探偵社はコチラ

人探しに強い探偵社の条件

素人が捜索すると労力や時間も大変なものになるので、専門家の手を借りるのも一手。

 

人探しを請け負うのは、探偵社・興信所と呼ばれる業者です。

 

浮気調査や身元調査とともに、人探しは彼らの中心業務のひとつです。

 

これを簡単にご紹介しましょう。

 

家出人探しにイチオシの探偵社はコチラ

 

人探しに向く探偵社とは?

浮気調査をやっていない興信所はないですが、人探しは違います。

 

向き不向きがあり、引受けない会社もあります。

 

人探し依頼先の選定条件
  • 探偵の人数が多いこと
  • 全国に拠点があること
  • 人探しの経験・実績を積んでいること

 

人探しというものは、人海戦術のローラー調査を繰り返して絞り込んでいきます。

 

一人や二人でで浮気調査の合間に探していては埒があきません。

 

また、知らない土地に出かけて行って効率よく探せるものではありません。

 

出張費も多額になってしまいます。

 

全国の拠点に土地勘のある探偵がいる興信所なら、結果も早いし、出張費もかかりません。

 

そして、経験の蓄積は捜索のスピードアップにつながってきます。

 

ネットカフェでもよく見つかる店とまずいない店がわかってきます。

 

信用ができると捜索に協力してくれる店・ホテルも増えてきます。

 

だから、全国に拠点があって、各拠点でそういう情報の蓄積ができている興信所が理想なわけです。

 

興信所業界は数千社の零細企業が参入と廃業を繰り返している世界。

 

上記のような条件を満たす会社はごくわずかです。

 

金銭トラブルも多い世界なので、業者選びには注意してください。

 

探偵・興信所業界についてもっと詳しく

 

家出人探しにイチオシの探偵社はコチラ

人探しにおすすめの探偵事務所

原一探偵事務所

原一探偵事務所本社ビル

【原一探偵事務所本社ビル】

自社ビルを持つ探偵社は極めてまれ。車両尾行に強く、大量の調査車両の駐車スペースを安価に確保するため、あえて本社を都内でなく、埼玉県川越市に置いている。

人探しに一番おすすめできる探偵社は原一探偵事務所、通称ハライチです。

 

ハライチおすすめの理由
  • 無数の零細業者が独立と廃業を繰り返す業界で、創業42年の歴史
  • 北海道から九州まで全国18拠点に自社探偵常駐
  • 家出人捜索の経験が豊富で、各地域に密着して情報とネットワークを蓄積している
  • テレビ番組協力で有名・メディアに長年社名が出る唯一の探偵社
  • 最初に総額を決定する誠実な料金システム

 

原一テレビ出演

【テレビ番組の制作協力と出演】

 

テレビ番組はTBSやフジテレビの人探しや詐欺解明に関するドキュメンタリー番組で長年協力実績を積んでいます。

 

単発でテレビ出演する探偵はいますが、長年継続して社員探偵が出演したり、字幕に社名が出る興信所はここだけです。

 

世間で多少なりとも知名度があるのは、業界で唯一この会社だけだと言っていいでしょう。

 

ハライチの全国18拠点

札幌/仙台/高崎/千葉/埼玉(川越・大宮)/東京(日本橋・新宿)/横浜/静岡/名古屋/大阪/神戸/岡山/松山/広島/福岡

 

どの拠点も受注のための単なる営業拠点ではなく、自社の探偵が常駐しています。

 

そして、その土地の捜索先状況・家出人の行動傾向情報を蓄積しています。

 

家出人がどこに行ったとしても、国内である限り、ここ以上にスピーディに動ける探偵社はないでしょう。

 

原一本社ロビー

【原一探偵事務所本社ロビー】

 

基本料金・半額キャンペーン

クーポン

 

原一探偵事務所が現在、当サイトの読者に対して基本料金半額クーポンを出してくれています。

 

「このサイトでクーポンをみた」というだけで、基本料金が半額になります。

 

ただし、電話番号がクーポン識別番号を兼ねているので、下記リンク先に載っている電話番号でないとクーポンが効きません。

 

ご注意ください。

 

フリーダイアル: 0120-02-3544(割引クーポン有効番号)

原一探偵・基本料金50%オフクーポンの効くサイトはコチラ

HAL探偵社

HAL探偵事務所

調査力+低料金がキャッチフレーズの探偵社です。

 

全国に11の拠点を持ち、全都道府県で出張費を取りません。

 

HAL探偵社の公式ページはコチラ

Fujiリサーチ

全国4拠点ですが、探偵業界では大手の部類です。

 

こちらは人探しが得意分野で、テレビの人探し番組でよく協力しています。

 

たとえばフジテレビの「ハンゲキ」や「とくダネ!」などです。

 

料金も良心的なのでおすすめです。

 

FUJIリサーチの公式ページはコチラ