【家出人の統計概要|警察庁資料の要約】

警察資料に見る日本の家出の現状

 

家出人探しにイチオシの探偵社はコチラ

 

家出の全国的な状況はどうなっているのか?

 

公的機関の統計を要約しました。

 

使ったのは次の資料です。

 

「平成21年中における家出の概要資料」
(警察庁生活安全局生活安全企画課が平成22年5月付で作成)

 

1.総数の動向

平成21年

平成20年

 

平成19年

 

平成18年

81,644人

84,739人

88,489人

89,688人

 

 

平成21年中に家出人捜索願いを受理した家出人は,8万人超。

 

平成13〜15年は10万人を超えて一つのピークを形成していましたが、最近は年2〜3千人ペースで減少しています。

 

人口減も関係していると思われます。

 

男性が全体の63.5%を占め、成年/未成年では成年が76.3%を占めます。

 

2.年齢別動向

年齢帯

人数

構成比

10〜19歳 18,579人 22.8%
20〜29歳 13,866人 17.0%
30〜39歳 12,506人 15.3%
70歳以上 11,707人 14.3%

 

家出というと思春期の子供のすることというイメージがありますが、20代・30代、そして高齢者にも十代の6〜7割に及ぶ家出人が出ていることに注目してください。

 

3.原因・動機ランキング

  1. 家庭関係 18,165人 22.2%
  2. 疾病関係 13,117人 16.1%
  3. 仕事関係 10,140人 12.4%
  4. 異性関係  2,654人  3.3%

 

家庭関係というのは、親や配偶者と喧嘩したとか、DVから逃れるためなどを指します。

 

疾病関係というのは、例えば認知症による放浪などです。

 

仕事関係というのは、事業や職場で行き詰まっての家出です。

 

異性関係というのは、いわゆる駆け落ちなどです。

 

4.所在確認の動向

平成21年中に所在が確認された家出人(ただし、捜索願が出されていた人のうち、という意味です。)は、79,936人。

 

ここ数年は家出人届の提出数は8万数千人レベルで徐々に減少してきています。

 

ということは、95%くらいは所在確認されていることになります。

 

ただし、所在確認された場合も不幸な形であることが時にあります。

 

  • 犯罪の被害者として発見 186人 0.2%
  • 犯罪の被疑者として発見 2,382人 3.0%
  • 自殺が原因で死亡確認 3,071人 3.8%
  • 他の原因で死亡確認 1,487人 1.9%

 

パーセンテージは所在確認者の総数79,936人に占める割合です。

 

捜索願届け出から発見までの日数は、当日(29.3%)、2日以上1週間以内(36.4%)、8日以上1ヶ月以内(12.2%)などで、1か月以内に77.9%が見つかっています。

 

しかし、1年以上かかっている人も9.86%います。

 

つまり、10人に1人は発見に1年以上かかり、しかも生きてみつかるとは限らないのです。

 

できるだけ早く捜索を開始して、一刻も早く見つけてあげるべきです。

 

家出人探しにイチオシの探偵社はコチラ